アフターレポート
スマホ連動 “ヒロイン体験 朗読劇”
「スイートルームで悪戯なキス」 from 100シーンの恋+
7月4日(木)より開幕!ゲネプロレポートを最速でお届け!

 オトナ女子向け読み物アプリ「100シーンの恋+」にて配信中のタイトルを朗読劇化した、スマホ連動”ヒロイン体験 朗読劇”の第1回公演「スイートルームで悪戯なキス」を、新大久保R‘sアートコートにて2019年7月4日(木)より開催いたしました。本番に先駆けて行われたゲネプロ様子をいち早くお届けいたします。

 本朗読劇は、「お客さま自身がヒロイン」となり、ヒロインキャストは不在で進行する「ヒロイン体験」方式で話が進みます。また、劇中にて舞台上のカレから運命の選択を求められ、スマートフォンを使って選んだ結果に応じて、劇後に配信されるエピローグストーリーが変わる「スマホ連動」の朗読劇です。カレとの甘いエピローグを迎えられるかどうかは、アプリ「100シーンの恋+」と同様、お客さま自身に委ねられます。
 出演者から贈られる熱い目線やセリフによる新感覚のヒロイン体験朗読劇。本公演では、危険でラグジュアリーな「スイートルームで悪戯なキス」の世界観をお届けしました。

 「スイートルームで悪戯なキス」は闇オークションに出品されてしまったヒロインとセレブな“悪い男”たちの史上最悪な出会いから始まる危険でラグジュアリーなラブストーリーです。
 朗読劇は事前に特設サイトに公開されていたプロローグ動画でも配信されていた闇オークションのシーンからスタート。ステージにキャスト陣が勢揃いし、次々とお話が展開していきます。

 前半の自分の意思に反してセレブの世界へ強引に巻き込まれていく煌びやかなストーリーから一変、後半は
英介がオークションを開催している理由が明かされたり、ヒロインに危機が訪れたりと、緊迫したストーリーが展開します。

 キャスト陣の魅力的な朗読はもちろん、所々で登場するアドリブやかけ合いはその日の、その瞬間だけの演出ですので、ぜひご注目ください。ラストは胸キュンな展開の連続で幸せな気持ちになれる “ヒロイン体験 朗読劇”となりました。